お役立ちズム

正月飾りの処分の方法@外す時期と捨て方&忘れたときの処分は?


毎年、正月飾りの処分に困ったりしませんか?
飾ったはいいけど「いつ外すんだろう?」とか「どうやって処分すればいいんだろう?」とか
 
恥ずかしながら私の場合、毎年ご近所さんの松飾りの外す日を見ながら「そろそろ外そうかなぁ」なんて思いながら外していました。
あ、もちろん結婚当初の話ですよ。
 
しかも神社に持っていくタイミングを逃して、翌年までしまっておいたこともあったり・・・お恥ずかしい限りです。(^^ゞ
 
そんな私でも、正月飾りの正しい処分の方法を知ってしまえば堂々と迷いなくきちんと処分することが出来るようになりましたので、是非あなたも知っておいて下さいね。
 
もちろん神社に持っていくタイミングを逃して、自分で処分しなければならなくなった場合の対処法も紹介しますので、私のようにずぼらな方も大丈夫です。^^
 
 


 

タグ :

イベント

敬老の日のプレゼントは孫が決め手!両親が喜ぶ一番の贈り物はコレ


敬老の日のプレゼントを何にしたらいいのか
「毎年悩んじゃうんだよねぇー」なんてことありませんか?
 
毎年、手を替え品を替え色んなプレゼントを送ってきたんですけど、いつの頃からか大して喜んでもらえなくなって「なんだかマンネリんなってきたなぁ」なんて思ってときに、ふと趣向を変えてみたら両親が大喜び!
 
その答えは孫をからめることだったんです。
両親がどんな時に喜ぶのか?いろいろ観察してたらとっても単純なことだったんですね。
どんなプレゼントで、どんな趣向を凝らしたら喜んでもらえたか?そんな体験を紹介しまーす。
 
 


 

タグ :

イベント

七夕祭り@三大祭はいつ?新旧暦でちがう全国の有名な七夕祭り


七夕といえば、七月七日の夜に彦星が天の川を渡って織姫に逢うことができる一年一度だけの日というお話でしたよね。
星の伝説の許された一日だけに夢を託して書くのが笹飾りで、子供の頃、短冊に願い事を書いて祈る気持ちで結びつけた記憶が私にもあります。
 
ここではどこの七夕祭りが有名な三大七夕祭りと、どこの七夕祭りがいつやるのか紹介していきます。
あと、知っているとちょっとカッコイイ!?みたいな七夕祭りのウンチクも織り交ぜていますので、楽しんで読んでみてくださいね。
 
 


 

タグ :

イベント

父の日プレゼントにおすすめ!定番も良いけど義父には健康系いいかも


父の日のプレゼントって意外と悩んだりしませんか?
男の人って花をもらっても喜びませんし、実用的なものを好む傾向にありますよね。
 
そうは言っても、無趣味だったりすればあげられるものも限られてくるし、逆に趣味があっても結構こだわりがある人も多いですからね。割りと選ぶのが難しかったりします。
さらに実父ならまだしも、プレゼントの相手が義父だったりしたら余計ですよね。
 
というわけで、ここでは自分のお父さんはもとより、義理のお父さんにも喜んでもらえる父の日のプレゼントを紹介したいと思います。
 
 


 

タグ : 

イベント

運動会のお弁当が簡単@義両親も納得!前日準備で味も見栄えもバッチリ


運動会のお弁当って、おかずは何にしらたいいのか悩んだりしませんか?
ましてや義両親が来ようものならなおさらですよね。考えるだけで憂うつになります。
 
定番のメニューでもいいんだけど、それじゃ芸がなさすぎるし、かと言って手のこんだものを作る時間なんてありませんからね。
だって、当日の朝はお弁当の支度だけじゃなくて、子供の用意から自分の化粧までw。
 
いくら時間がなくても、義両親がきても恥ずかしくない、というか嫌味を言われない?美味しくて見栄えのするお弁当を作っていきたいですよね。
 
というわけで、とにかく簡単で時間と手間をかけない、子どももお年寄りも喜ぶお弁当の紹介です。
 
 


 

タグ : 

イベント

母の日のプレゼントを義母が気に入らない!姑も喜ぶおすすめと予算


毎年来る母の日、義母に送るプレゼントって何にしたらいいか悩みませんか?
実の母ならまだしも、姑にとなると何かと考えちゃうものですよね。
 
毎年同じようなものじゃマンネリ化しちゃうし、かと言って適当に選んだんじゃ何言われるかわからないし・・・「もうネタ切れ!」ってね。(笑)
 
ま、何を貰っても喜ばれない姑さんも結構いますけど、そんな姑さんは嫁からの贈りものはどんなものでも気に入らないなんてこともありますよね。
 
ということで、そんな義母にも喜ばれる母の日のプレゼントの送り方を紹介します。
 
 


 

タグ :

イベント

お彼岸はいつからいつまで?お彼岸の期間とその由来


お彼岸は「いつからいつまでなのか?」
なんとなく「春は春分の日のあたり、秋は秋分の日あたり」くらいはわかるけど・・・
ということはありませんか?
 
お彼岸のことなんて常識だろうし、「今更聞けない」なんてこともありますよね。
お彼岸の期間の決め方とか呼び方とか、
「暑さ寒さも彼岸まで」とは言うけど、なんでなのか?とか。
 
お彼岸の日にちのことについて、いろいろ紹介します。
 
 


 

イベント

七五三っていつやるの?時期は?男の子、女の子、早生まれの子は?


お子さんが3歳、5歳、7歳になると、気になるのが七五三ですよね。
 
でも、「いつからいつまでにやればいいの?」とか
「3歳、5歳、7歳って、満年齢?それとも数え歳?」
なんてことが気になりませんか?
 
「早生まれの子はどうするの?」とか、
「神社にお願いするのは?」「初穂料って?」
なんて疑問も湧いてきませんか?
 
七五三の由来とか、数え歳の数え方とか、みんなはどうしているのかなぁ?とか
いろいろ紹介していますので、参考にしてくださいね。
 
 


 

イベント

夏休みの自由研究のテーマ@簡単で安上がりでも手抜きに見えないのは?


毎年のことですが、子供の夏休みの宿題に頭を悩ませる時期がやって来ました。
特に自由研究は、いつもギリギリで取って付けたような題材ばかり。
 
「今年こそは」と意気込んではいたものの、例年と同じパターンになりそうです。
ま、でもあと2週間あるので今からなら、いつもの年よりはマシかもです。
 
で、自由研究のテーマですが、やっぱりお決まりは工作ですかね。
条件としては、1日で出来て安上がり、
として大切なのは、「ちゃんとやった感?」ですよね。(笑)
 
簡単にできるのに、手抜きに見えない。
そんな自由研究を目指します。
 
 


 

イベント

残暑見舞いの書き方@親戚から来てしまった!文章の構成と例文。


親戚の人から暑中見舞いが来てしまった。
いつもは来ない人からなので、どう書いたらいいのか?
なんて考えていたら、「早く返事を書かないと」と思いつつ日にちが経ってしまって・・・
 
と、言い訳してはみたものの、
実は、そう難しいことじゃないんですけどね。
ただ面倒くさがり~なだけです。ハイ。(;^_^A
 
てなわけで、残暑見舞いを書くことにしました。
あ、ちなみに暑中見舞いは立秋(8月7日頃)までなので、それ以降は残暑見舞いになります。
 
 


 

イベント