すみません すいません

お役立ちズム

スイマセンと言ったら怒られた@「すみません」と「すいません」の違いって?


ある方に「すいません」と言ったら、
「すいませんじゃないでしょ!すみませんでしょ!!失礼ねー!」
と、えらい怒られました。^^;
 
「え~!そんなムキになること?」なんて思っちゃいましたが、
とりあえず「すみませんでした。m(_ _)m」と謝っておきました。
 
「すみません」と「すいません」今までそんなこと意識したことなかったなぁ~。
なんて思いながら帰ってきました。
気になったんで、そんなに違うのか調べてみました。
 
 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

「すみません」と「すいません」の違い

「すみません」と言うのは、「済みません」と書いて、
「済む」という動詞に打ち消しの「ぬ」をつけた「すまぬ」の丁寧語で、
「すみませぬ」の「ぬ」を「ない」に替えた言葉だそうです。
 
ま、時代とともに言葉って変わっていきますからね。
「すみませぬ」の現代語版ですよね。
 
「ござりまする」が「ございます」になったような感じですね。
 
 
では、「すいません」と「すみません」は?というと、
これ単純に口語調になっただけみたいです。
 
「どこか」が「どっか」になったり、
「せんたくき」が「せんたっき」だったり、
「そうではないです」が「そうじゃないです」とかね。
 
でも、考えてみれば元々「済みません」なんだから
「すいません」だと「吸いません」になっちゃいますよね。
実際にパソコンで変換してみると「済いません」とはでてきませんから。
 
確かに「すいませんじゃなく!すみませんでしょ!!」って、
怒られるわけですね。
ちょっと「ムッ!」っとなっちゃった自分に反省です。
 
 
あ、あと方言もありますよね。
関西の方だと「すんません」とか「すんまへん」とか。
 
地域や時代で、言葉って違ってきますからね。
知ってても「私は怒りません!」って根に持ってる!?
スンマソン。
 
 

スポンサードリンク

 

うんちく

この記事に関連する記事一覧