夏バテ 解消

お役立ちズム

夏バテ解消!夏の疲れが出てきたと感じたら気を付けること


ここのところお疲れ気味で、なぜだか妙にだるくなってきました。
きっと夏の疲れが出てきたんでしょうね。
 
ま、いわゆる夏バテの症状のようです。
連日の猛暑で、暑い外と涼しい室内との行き来が多く、
自律神経のバランスを崩しちゃったみたいです。
 
夏バテは、梅雨の時期から予防のために気を付けておくと良い、
なんて話を聞いたことがあったけど、実際に辛くなってからじゃないと何もしない正確なんで。^^;
 
で、今からでも夏バテを解消できる方法はないかと調べてみました。

 

 

スポンサードリンク

夏バテの原因

とりあえず何で夏バテになるのか?ってところから。
 
人間の体は環境の変化に適応するようにできているんですが、
日本の夏は高温で多湿、この暑さになかなか体が対応しきれないんですよね。
 
夏バテは、夏の環境の変化に体がついていけず、だるくなったり胃腸の調子が悪くなる症状のことです。
 
では、なんでそんな事になるのか?
というと、ひとつ目は体温調節がうまくいかないということなんですね。
体は、暑いと血管を拡張して汗を出して温度調節をするんですけど、湿度が高いとこの汗が蒸発しないんですね。そうすると体に熱がこもって、外に出すことができなくなるのでだるくなったり、熱を出したりしちゃうんです。
 
さらにその汗なんですが、汗をかくと体の水分とミネラルが出ちゃうので、十分に補給してあげないと脱水症状になって熱中症も起こしやすい状態になってしまうので、注意しないとですよね。
 
また、暑さと湿気が多いと食欲もなくなっちゃいますよね。
これは、暑さによって消化機能が落ちるということと、暑いとどうしても冷たいものを飲み過ぎちゃいますよね。そうすと、胃液を薄めてしまうことになり、また内臓も冷やしてしまうので、働きが悪くなって消化不良でさらに食欲が落ちるという悪循環になっちゃうんです。
 
あ、あと忘れてはいけないのが冷房です。
室内と外との温度差が大きいと、暑いところと涼しいところとのギャップがあり過ぎて、体が調節しきれないなっちゃうんですね。
そうすると、体温調節をしている自律神経がバランスを崩して自律神経失調症を引き起こしてしまうということにつながってくるわけです。
 
 

スポンサードリンク

夏バテ解消法

夏バテを解消するには、基本的に規則正しい生活が一番大切です。
夏バテをするということは、体が環境の変化に適応できないということですから、適応出来るだけの余裕が体にあれば良いということですからね。
規則正しい生活をして体をいい状態に保っておけばいいわけです。
 
って、当たり前のことを書いてしまった。
こんなことができたら、何も困らないですよね。
できないから、何とかならないかと調べてるわけですけから。。
 
じゃ、どうすればいいのよ!
 
ということで、簡単に出来る夏バテ解消法です。
 
あ、でも基本はやっぱり規則正しい生活なんですけどね。^^;
で、とりあえず栄養です。
夏はミネラルやビタミンが失われがちですから、野菜とか果物、豆類なんかはよく摂った方がいいです。
スイカとか枝豆なんかは、夏に最高ですよね。
一番は旬のものが、その時期に必要な栄養をくれますので、意識してみるといいと思います。
 
次に水分補給。
これも、あまり冷たいものばかりではなく、温かいものもたまには飲むようにしましょう。
不思議と温かいものを飲むとお腹が落ち着いて、あとから汗も引いたりします。
 
あと運動ですね。
運動も適度な運動は良いです。炎天下での運動はお勧めできませんが、夕方暑さが和らいできた頃、ウォーキングとかいいと思いますよ。
汗をかいて、しっかり汗腺を開いて汗が出やすい環境を作ると良いです。水分補給は忘れずに!
 
で、そのあとはゆっくりお風呂ですね。
ぬるめのお湯にゆっくり浸かって疲労を取り、リラックスすることで自律神経のバランスを整えますので、夏バテにはのんびり入るのがオススメです。
 
そして睡眠。
夏は夜更かしをしないで睡眠を十分取ることが大切です。また、疲れが残る時は昼寝もオススメです。
あ、ただ昼寝は15分程度の短いのがいいです。長いと逆にバランスを崩してだるくなってしまいますからね。
ちょっとでも寝ると見違えるほど回復しますよ。^^
 
 

スポンサードリンク

 

美容・健康

この記事に関連する記事一覧