お守り 複数 喧嘩

お役立ちズム

お守りを複数持つと喧嘩する?大切なのはお守りの持ち方と心構え


夏休みに神社巡り、とまでは行かなかったんですけど、
いくつかの神社に寄らせて頂いて、お守りを買ったんですね。
 
その時に、色んな神社のお守りだらけになってしまって、
しかも、元々持っていたお守りもあるし、こんなに持ってていいの?
 
なんて疑問が出てきて、
複数のお守りを一緒に持っていると、神様同士が喧嘩するなんて事も聞いたことあるし、
なんだか不安になったので、神社の人に聞いてみました。
 
と、それだけでも良かったんですけど、
失礼ながら、お一人だけのお話だとちょっと・・・
だったので、いろいろ調べてみたらその方の言う通りでした。^^;
 
 

スポンサードリンク

神様同士が喧嘩する?

複数のお守りを一緒に持っていてもいいのか?
結論から言うと、全然問題ありません!(偉そうにキッパリ!)
 
基本的に神様同士が喧嘩するという考えは間違っているということです。
 
一言でお守りって言っても、色んなお守りがあって、
「家内安全」「商売繁盛」「無病息災」「交通安全」「安産」「厄除け」などなど。
 
違う神社で同じ事を祈願したお守りを持っていても全然構わないそうですよ。
たまに、たくさんのお守りをカバンに付けている人見て、
「あんなに付けてて逆に大丈夫?」なんて事を思っていたこともありましたが、
いいんだそうです。
 
考えて見ればそうですよね。
全国に色んな神社がありますが、複数の神様が一緒にいらっしゃる神社ってたくさんありますし、
しかも、その組み合わせは様々。
いらぬ心配はいらないようです。^^
 
それよりも、お守りの持ち方を大切にしたほうがいいということですので、
そのことについて少し書いていきます。
 
 

スポンサードリンク

お守りの持ち方

お守りは基本的に身につけているのが一番だそうです。
カバンに付けたり財布の中に入れておいて、常に身につけておくようにとのことです。
 
ただ、そのお守りによっては、違う場所においておいたほうが良いものあります。
「学業成就」などの勉強とか試験に関係するものはランドセルとか筆箱につけるとかするといいそうです。
 
また、恋愛のお守り「縁結び」とかは外に持ち歩くものに付けておくと良いとのこと。
そうですよね。だって、出逢いは外に出た時ですからね。^^
スケジュール帳とかいいみたいですよ。
 
「仕事」のものは仕事関係のものに。カバンとかですよね。
「安産のお守り」なんかは腹帯に入れてる方もいますし、母子手帳を入れておくポーチとかもいいかもですね。
 
「お金」に関するものは財布とか金庫、「厄除け」なんかは肌身離さずポケットに入れておきたいですね。
 
とまぁ、こんな感じで、そのお守りに関連するようなところに付けておくことがいいようです。
 
また、持ち歩かず家の中に置く場合には、高い場所に置くのがいいそうです。
目線より高い場所で、綺麗で目に付くところに出しておくようにするといいとのことです。
神棚と同じような感じに思っていれば間違いないそうです。
 
 

お守りを持つ心構え

あと忘れてならないのが、お守りを持つ心構えです。
というと大げさですが、感謝の気持ちが大切ってことです。
 
お守りは持っていればいいというのではなく、どんな気持で持っているかということが大切ですね。
お守りは旅行へ行ったことの記念品でも、お土産でもないですからね。
 
神様からお守り頂くという感謝の気持ちで持っていたいものですよね。
だから、神様がそこにいらっしゃるくらいの気持ちでいることが大切で、
ぞんざいに扱ったりするのはもってのほかですよ。
 
とにかく感謝の気持ちが大切ということですので、
「お陰様、お陰様」と思って、常に身につけるようにしていたいものです。
 
あ、あとひとつ忘れてました。^^;
「常若」とこわかと読みます。
常若とはいつも若々しいさまのことで、新しい物は汚れなく清潔であるということです。
新しいものとか洗濯したてのものって、なんか清々しい気持ちになりますよね。
日本では昔からこういった新しいものは良いものだという風習があるんですよね。
 
出雲大社と伊勢神宮は去年遷宮で話題になりましたが、
伊勢神宮は20年に一度、出雲大社は60~70年毎に本殿の建て替えられてます。
 
と、ちょっと話がそれてしまいましたが、お守りも新しいものが良いということです。
ですので、できれば1年に一度は替えるようにしたいものです。
 
ではでは。
 
 

スポンサードリンク

 

うんちく

この記事に関連する記事一覧