ダウンジャケット 洗濯

お役立ちズム

ダウンジャケットふっくら仕上げる洗濯法!潰れたダウンも膨らみ復活


ダウンジャケットを自分で洗濯するのってなかなか勇気がいりますよね。
ワンシーズン着っぱなしにするんでしたらクリーニングに出すのもいいかも知れませんが、シーズン途中でどうしても洗濯したくなったりしませんか?
 
襟や袖の汚れが気になったり、ニオイが気になったり、ずっと着ているとどうしても汚れてきますからね。
とは言えクリーニングに出すと日にちも掛かりますし、何と言ってもお値段がね。
だいたい2000~3000円くらいするじゃないですか。
 
シーズンが終わりならまだしも、途中でということになるとちょっと考えてしまいますよね。
とは言っても、自分で洗濯するとダウンが偏ったり潰れたり、元のふっくらした状態に戻らないんじゃないか?って不安にもなりますよね。
 
てなわけでここでは、自分でもできるふっくら仕上げるダウンジャケットの洗濯方法を紹介します。
 
 

スポンサードリンク

洗濯前の準備と注意点

●自宅で洗濯できるダウンジャケット
 
まずダウンジャケットを洗濯する前に見ておかなければならないのが洗濯表示です。
水洗いがOKでしたら自宅でも洗濯できるということですから、まずはそこのところを確認して下さい。
 
たまに、水洗いがダメでも大丈夫という情報もあったりしますが、そのジャケットを作ったメーカーが「ダメ!」と指示を出してるんですから何かしら出来ない理由があるはずですよね。
 
もちろんメーカー側が大事を見て水洗いNGの指示を出していて、「洗っても大丈夫だった」なんて場合もあるかもしれませんが、失敗してからじゃ遅いですからね。
なので、水洗いNGの場合はクリーニングに出したほうが無難です。
 
ただ、表地がナイロンやポリエステルのものであれば、基本的に大丈夫なはずです。
モノによっては装飾類はダメなのかもしれませんし、安物で縫製がホツレやすいなんてこともあるかも知れません。
なので、もし表地や装飾類が大丈夫そうなら「汚れがひどいからダメ元で!」という場合なんかは試してみてもいいかも知れませんね。
 
ま、それでも高級なダウンジャケットやお気に入りのダウンだったらクリーニングに出すほうが賢明ですけどね。
 
あ、ちなみにウールやレザー、フェイクレザーなんかのダウンジャケットは自宅では洗濯出来ません。
ウールは縮んじゃう可能性がありますし、革のものは色落ちとか型崩れ、硬化やひび割れの原因にもなりますので、ダメ元でもやるだけ無駄になっちゃいますから止めといたほうがいいと思います。
 
 
●ダウンの量
ダウンジャケットの羽にはダウンとフェザーがあります。
ダウンは回復力がありますがフェザーは回復力が少ないので、フェザーが多い場合はふっくら回復させにくくなります。
ダウンとフェザーの割合を見て、フェザーが多い場合は膨らみが潰れちゃいやすいですので注意が必要です。
 
また、キルティングの大きさが大きいと、中で羽が偏ったりしやすくヨレやすかったりして、膨らみが潰れやすいので、特に乾燥する時には気を付けなくてはいけません。
 
 
●使用する洗剤
 
洗濯に使用する洗剤は中性洗剤を使うようにして下さい。
おしゃれ着用の洗剤ですね。
アクロンとかエマールとか色々出てますよね。そういった洗剤を使うようにして下さい。
 
 
●予備洗い
 
襟や袖、ポケット口や裾など汚れの付きやすいところってありますよね。
あるいは食べこぼしなどでシミになってるところとか。そういったところはそのまま洗っても汚れが残ってしまいますから、予め部分洗をしておきましょう。
 
やり方は簡単です。
濡らしたスポンジにおしゃれ着用洗剤をつけて、汚れの部分を軽く叩いて落とします。
ひどい汚れの場合は直接塗布してスポンジで叩くようにすると落ちやすくなります。
 
また、数年洗っていないような頑固な汚れは、クレンジングオイルが良く落ちるようです。
クレンジングオイルは襟についたファンデを取るのに良い方法なんですが、黄ばみとか皮脂汚れも驚くほどよく落ちるそうです。(頑固な汚では試したことありませんがファンデはよく取れますよー。)
おしゃれ着用洗剤と同じようにスポンジで叩くようにします。ちなみに部分洗いだけだと輪染みになる可能性があるので、どうせなら汚れを取った後は洗濯した方が良いと思います。
 
 

ダウンジャケットの洗濯方法とコツ

では本題のダウンジャケットの洗濯方法です。
 
1.洗濯ネットに入れる
  ボタンやファスナーを留めて、ダウンジャケットを大きめの洗濯ネットに軽く畳んで入れます。
  留め金具を外したままだと、生地を傷つけたりする恐れがあるのでちゃんと留めておきましょう。
 
2.洗剤液を作る
  洗濯槽に30℃以下のぬるま湯を入れ、おしゃれ着用洗剤(中性洗剤)を溶かします。
  洗剤の説明書きを見て適度な濃度の洗剤液を作って下さい。
 
3.押し洗い
  洗濯槽の中へ入れ、ゆっくり40回程押し洗いします。
  ダウンジャケットはそのまま洗っても浮いてきてしまうため押し洗いが必要です。
  洗剤液を中に通すようにゆっくり沈めるようにして洗うのがコツになります。
  また、もみ洗いはNGです。中の羽毛を傷つけちゃいますから気を付けて下さいね。
  押し洗いをすると結構濁ってきますので、汚れてたことを実感できると思いますよー。
 
4.すすぎと脱水
  洗い終わったら、すすぎと脱水です。
  洗濯槽の中の洗剤液を排水して30秒ほど脱水し、再度水を入れ、押し洗いのようにしてすすぎます。
  冬場はぬるま湯を使ったほうが洗剤分をよくすすげますので、面倒でもぬるま湯を入れるようにして下さい。
  このすすぎと脱水を2~3回繰り返します。水のキレイさが回数の目安になります。
 
 ●すすぎと脱水の注意点
  ダウンジャケットの表地は水を通しにくい素材を使っていることが多いので、洗濯槽の中で偏ってると脱水するときに洗濯機が大きく揺れて危険です。
  脱水する前に均等にダウンを整えて脱水するようにしましょう。
  また、脱水のやり過ぎは羽毛の偏りや潰れの原因になりますので、脱水の状態を見ながら途中でダウンを整え直したり時間を調節して下さい。
 
 

スポンサードリンク

ダウンジャケットの乾燥

では、最後に乾燥になります。
ダウンはその干してしまうと、中でくっついて空気を含まなくなってしまいますから、潰れたり偏った状態になって元のふっくらした状態に戻りません。
 
なので、乾かしている途中でひと手間ふた手間掛けることが必要になります。
この手間を掛けるかかけないで膨らみの回復度合いが変わってきますので、面倒でもやって下さいね。
 
 
では、干すときの注意点です。
 
●干す前
 1.脱水したらすぐに取り出す
  そのままにしておくと羽がくっつきやすくなっしまいますので、なるべく早く取り出すようにして下さい。
 2.振りさばく
  取り出したらダウンジャケットを軽く振りさばくようにして形を整えます。
  羽毛の偏りが出ないようにするために、色々な方向にさばいて形を整えて下さい。
  ただ、破けちゃったら大変ですから、持つところと振りさばく強さには気を付けて下さいね。
 
●ハンガー
 針金のハンガーのように細いものを使うと、肩の一部分に負担が掛かってしまいますので、なるべく肩の部分のがの広い大きめのハンガーを使うようにして下さい。
 
●干す場所
 干す場所は、天気の良い日に直射日光を避け、風通しの良い場所に陰干しして下さい。
 暖房のかかった部屋で乾燥させるのも悪くはないんですが、ファンヒーターや石油ストーブを使っている場合には酸化窒素ガスが出て、表地の素材にナイロンを使用していると変色する恐れがありますから、避けるようにした方が良いと思います。
 
●羽毛をほぐす
 表地が乾いてきたら中の羽毛をほぐします。
 両手で挟むように軽く叩いたり、偏ってたり中で固まっているようなところを重点に振りほどくようにしたりしてほぐしていきます。
 完全に乾くまで何度か繰り返しすのがコツです。
 
●干す時間
 2~3日かけて中までゆっくり乾燥させて下さい。
 ダウンジャケットは中の羽根までしっかり乾くのに時間がかかりますので、焦らずゆっくりと乾燥させるのがコツです。
 特にシーズン終わりで保管する前の場合、中に湿気が残っているとニオイやカビの原因にもなりますからじっくり完全に乾くまで待ってからしまうようにしましょう。
 
●乾燥機にかける
 低温乾燥で10分。様子を見ながら時間を調節して下さい。
 干すだけでダウンのふんわり感が戻っていればそのままでもいいですが、「なんかちょっとボリュームが減っちゃったかなぁ」なんて思う時は乾燥機にかけるとかなり復活します。
 
 もちろん、ボリュームが戻ったと思っていても乾燥機を掛けるとさらに「おっ!」って違いがわかるくらいふんわりしますので、どちらにしてもかけたほうが良いでしょう。。^^
 
 ただ、乾燥機NGのものもあるので、そこは洗濯表示をよく見て下さい。
 そして、乾燥機は必ず低温でかけるようにしてください。高温だと生地を痛めちゃいますから気を付けて下さいね。
 
 乾燥機を掛ける際は、中にドライヤーボールやタオルを結んで丸めたものを2~3個入れて一緒に回します。
 このボール状のものが回転しながら適度にダウンジャケットを叩いて、中の羽毛をほぐしてふんわり感を出してくれます。
 
 ちなみに、表面がツルツルになった野球の軟球や新品のテニスボールを入れたりしても良いみたいですが、ゴム臭くなると嫌だったので私の場合はタオルを結んで丸めたものを入れました。(←あ、やったことないので臭くなるかは分かりませんが・・・)
 要はダウンを叩いて羽毛をほぐすのが目的ですからお好きなもので。
 
 ただ、乾燥機によっては軟球とか入れて壊れちゃうといけないので、乾燥機の仕様には十分気を付けて、入れるものを変えるようにして下さいね。
 私的にはドライヤーボールか結んだタオルがオススメです。^^
 
 

まとめ

ダウンジャケットの洗濯って、私がそうでしたが初めてだとハードルが高いように感じるかも知れません。
でも実際思い切ってやってみると、思ったほど大変でもありませんでした。
 
それより、いい匂いになるし、なんと言っても肌触りが違います。
ふんわりしてて、「やって良かったー!」って感じになると思いますよ。^^
 
たしかにあんまり頻繁には出来ませんが、これからはシーズンに「1~2回は洗いたいなぁ」なんて思ったりしています。
水洗いできるダウンでしたら超オススメですので、是非是非やってみて下さいね。
 
では~
 
 

スポンサードリンク

 

タグ : 

生活

この記事に関連する記事一覧