バレンタイン 義理チョコ 相場

お役立ちズム

バレンタイン義理チョコの相場は?同僚、上司へ渡すときの注意。


バレンタインデーで渡す義理チョコで頭を悩ましたりしていませんか?
義理チョコと言っても上司、同僚、後輩、お友達など、立場立場でいろいろですよね。
 
バレンタインデーは「恋人たちの愛の誓いの日」として世界的に知られて、それぞれの地域で祝い方も違っているようです。
日本ではご存知のように、「女性が愛の告白に本命チョコを贈る」という習慣にはなってますが、いつの頃からか会社や友達に贈る義理チョコも当たり前のようになりましたよね。
 
たくさんの人に渡すのに値段は抑えたいけど、手作りじゃ勘違いされても困るし、かといってお徳用チョコレートとかじゃあんまりですしね。
 
ま、会社によってはバレンタイン禁止みたいなところもあるようですが「いくら位のものをどうやって贈ろうか?」なんて思っている方もいるのではないでしょうか?
 
ここでは、一般的な義理チョコの相場と渡すときの注意点について紹介していきます。
 
 

スポンサードリンク

バレンタインの義理チョコの相場

義理チョコの相場と言っても、渡す相手(場所)によってかなり差があります。
たとえば、会社の上司や同僚、後輩でも違うでしょうし、職場の環境、雰囲気でもかなり違ってきますよね。
 
とは言っても、「みんないくら位のチョコを贈るんだろう?」って気になるところではありますよね。
だって、自分だけショボいんじゃなんだし、かといってあんまり気張っても懐が寒くなっちゃいますからね。
「なるべく安くそこそこのものを」というのが本音じゃないでしょうか。
 
では皆んないくら位のチョコを贈っているのでしょうか?
ズバリ!義理チョコの相場は、一般的に500円前後のようです。
いろんな調査によって数値は多少違ってはくるのですが、大体500円前後になるようです。
 
上司に対しては500円~1000円。
同僚、部下には100円~500円。
という意見が多いようです。
 
あとは100円以下とか、渡さないとか、あるいは1000円以上なんて太っ腹な人もいるようですが、おおかた500円前後のものを渡しとけば問題ないようです。
 
ただ、職場によっては社風みたいなのもあるようなので、新人さんでしたら周りの皆に合わせた方が無難でしょうから、信頼のおける先輩に聞いてみるのがいいと思います。
 
また、男性の多い職場や少ない職場など、その職場の男女比とかでも違ってくるでしょうから一概にはいえませんけど、とにかく自分の負担があまり厳しくならないくらいにしておきましょう。
 
だって、女一人の職場で何十人も男性がいるようなところだったら大変ですもんね。
2~3人いたら皆んなでお金出し合ってなんてのもいいかもですよ。^^
 
 

スポンサードリンク

義理チョコを渡すときの注意

義理チョコを渡すときの注意は、何と言っても本命チョコと勘違いされないことですよね。
よく言われるのが手作りはNG、個別に渡すのはNG。なんて言われています。
 
でも、実はもっと大切なことがあったりします。
それは、みんなに平等に、そして漏れのないように渡すこと!です。
 
一人だけ特別だったりすると「勘違いされやすい」なんてことは当たり前かも知れませんけど、渡し忘れがあったりすると、あとが怖いです。
職場での居心地が悪くなったりなんてこになったら大変ですからね、十分気を付けて下さいね。
ここまでという範囲を決めたら、もれなく全員に行き渡るように気を付けましょう。
 
机の島ごとに一箱、「皆さんでどうぞ!」と言って置いてくるのもいいかもしれませんね。(というか、私このタイプです。^^;)
お友達はみんな小さい袋に小分けにしたり、小さい箱のチョコを一人一人に配ったりしてますが・・・。てか、若い子たちは・・・ですが。(#^ω^)
 
私のようなどんぶりタイプも珍しいのかも知れませんが、お返しのときには「皆から」と言ってもらったりしますので、きっとその方が男性陣も気が楽じゃないかと私的には思ってます。
 
ま、いづれにしても、お返しする方があんまり重くならないような渡し方が良いのではないかと思います。
あんまり気合を入過ぎて贈らない方がお互いのためだということですよね。
人にもよりますけど、毎年「どうしよう?」なんて大変に思わないくらいが良いのではないでしょうか。
気軽に行きましょう。^^
 
 

上司にあげる義理チョコ

同僚、後輩などはみんな同じチョコでもいいかも知れませんが、お世話になっている上司とかだと「みんなと同じでいいのかなぁ?」なんて悩んだりすることもあるのではないでしょうか。
 
かと言って、「一人だけ特別だと勘違いされないじゃないか?」なんて不安になることもあるかと思います。
正直、意外と上司年代のオジサン達ってチョコにうるさかったりしますからね。
あ、味の事じゃないですよ。皆んなより高そうとか、沢山もらったとか。(;^_^A
(え!?私のまわりだけ?。もし私の偏見だったらゴメンナサイ。)
 
なので、やっぱり上司には少し奮発しといた方が良い場合が多いみたいです。
(一応、お友達とは共感。^^)
 
では、どうすればいいか?
要はちゃんと箱に入っていて、出来れば有名どころだったりすればOKです。
あとは財布と相談という感じなんですが、お返しのこともありますから高すぎないように1000円程度でいいのではないでしょうか?
 
ただし渡し方にだけは気を付けるようにして下さいね。変に勘違いされちゃ困りますからね。^^;
 
だいたい上司の机って皆んなとは別のところにありますよね。
なので、そこまで行って
 
「いつもお世話になりありがとうございます。これからもご指導よろしくお願いします。m(_ _)m」
的なことを言って渡せば大丈夫です。
 
皆んなのいる前で渡すようにしましょう。
くれぐれも隠れて渡すようなことはしないようにして下さいね。
こうすれば勘違いされることもありませんし、上司の方も「俺だけ特別」って自尊心が満たされますからね。
 
なんだかんだ言って職場の人間関係が上手く行けばお互いのためですもんね。
最初の頃は「面倒くさいなぁ~」なんて思ってましたが、意外とこういったことが職場の潤滑剤になったりしますからね。
 
 

まとめ

でなわけで、バレンタインの義理チョコの相場のお話だったわけですが、いつの間にか人間関係の話になっちゃいましたね。^^;
ま、でも、こういった行事というかイベントは、やっぱり皆んなの親睦をはかるには良いことかもしれませんよね。
 
昔は、確かに私も「面倒くさい」が先に立って、「しょうがないから」とか「皆んながやってるから」とかでやってましたが、普段話さない人とコミュニケーションを取るキッカケになったり、上司や同僚との関係を良くするにも「大切かもなぁ」なんて最近は思うようになりました。
 
もう心ときめくようなバレンタインではありませんが、私の中ではひとつの楽しいイベントになってます。(おー、なんか大人っぽいこと言っちゃいました。^^;)
 
ではまた~
 
 

スポンサードリンク

 

タグ : 

イベント

この記事に関連する記事一覧