即効 生乾きの臭い 消す

お役立ちズム

即効で洗濯の生乾きの臭いを消す!ニオイ戻り対策と予防する洗濯ワザ


ちょっと汗ばんだだけで着ている服がプワ~ンと臭ってくる。
出先で困ったことありませんか?
 
「うわっクッサ!どうしよう・・・」って。
 
洗濯の生乾きの臭いって嫌ですよね。
乾いている時はニオイがしないのに、少し濡れるだけで生乾きの臭いが戻っちゃうことってあります。
 
いくら洗濯したあと柔軟剤のいい匂いがしていても、着ていく前に「大丈夫!」と臭いがないことを確認していたとしても、ニオイ戻りするかどうかはわかりません。
一度ついてしまった生乾き臭は、普通に洗濯してもなかなか取れないんですよね。
 
ここでは、出先でも出来る生乾き臭の対処法と一度ついてしまった生乾き臭を取る方法、そして臭いを予防する洗濯のやり方を紹介していきます。
 
 

スポンサードリンク

即効で生乾きの臭いを消すには?

生乾き臭のニオイの原因、それは雑菌です。
洗濯する時に落としきれないで残っている汚れとか菌が、洗濯して乾くまでの時間が長いと繁殖してニオイを発してしまいます。
 
「着替えたい!」と思っても、出先でどうすることも出来ないことってありますよね。
「この臭い何とかなんなかなぁ~」ってね。
そんなとき、生乾き臭を即効で消せる方法があれば助かりますよね。
 
ま、正直完全に消せる方法はありませんが、かなり臭いを軽減させることは出来ます。
ニオイの原因は雑菌なわけですから殺菌すれば臭いはなくなるんですが、出先で出来ることって限られちゃいますからね。
 
とは言っても、これからお友達と会うとか、大事な商談があるとか・・・
せめて少しでも「何とかしたい!」って思うのが人情です。^^
 
 
そんな時に役に立つのが除菌スプレーです。
ファブリーズとかリセッシュとかですね。
完全とまではいきませんが、けっこう気にならなくなります。
 
ただし、ちょっとスプレーしただけじゃ厳しいのが現実です。
正直2,3回スプレーしただけじゃあまり効果はありませんでした。^^;
 
いちおう私が使ったのが「リセッシュ 除菌EX」ってやつなんですが、近くにあったドラッグストアに駆け込んで、速攻買ってスプレーしました。
シュシュッとスプレーして「お!消えた!」と一瞬は思ったんですが、そのあと少ししたら半乾き状態でまだ臭いが残っているところが。
 
で、その臭いの残っているところにまたシュシュッと。
というのを何回か繰り返してたら、かなり臭いがなくなりました。
 
 
ちなみに「そんな沢山かけないとダメなんかなぁ?」なんて思って、家に帰ってから花王さんのHP見てみたら
“生乾き臭のする衣類に、「リセッシュ 除菌EX」を約10回スプレーするだけ!”
なんて書いてありました。
 
たぶん私も臭いの残ってたところは10回以上スプレーしてると思います。
だって「あれ?まだ残ってる!」って2~3回のスプレーを何回もやりましたから。
もしかしたら10回どころじゃないかも知れません。^^;
しかも、なるべく早く乾かさないとニオイ戻りしちゃうので、日なたを風を切るように歩いたりして・・・
 
ま、そんな感じでやったらかなり軽減されて助かりましたけど。^^
 
でも正直、「一気に10回もスプレーしたらビショビショになるんじゃないの?」なんて思ったりもしましたけどね。
メーカーさんが言うくらいなんだから、実際そのくらいやらないと効果がイマイチなのかも知れませんね。
 
 
とにかく除菌スプレーは結構イケましたので、イザって時は試してみて下さいね。
 
ただ、やっぱりちゃんと臭いの原因を取り除かないと完全には臭いを消すことは出来ませんので、家に帰ったら洗濯やり直してくださいね。
でないと、また同じ目にあっちゃいますからね。
 
 

洗濯しても取れない生乾き臭を取る方法

何回洗っても濡れると臭ってしまうタオルや服ってありませんか?
特にバスタオルとか厚手のパーカーなんかは、乾きにくいですから臭くなりやすいし取れにくいんですよね。
 
良い匂いのバスタオルでも、お風呂から出て体を拭いたら何か臭ってくるなんて最悪ですよね。
「せっかくお風呂入ってキレイになったのに!」ってね。
というわけで、洗濯しても取れなくなった臭いもスッキリ取る方法を紹介します。
 
生乾き臭の原因は雑菌ですので、殺菌さえすれば臭いもキレイになくなります。
 
ただ、殺菌と言っても酸素系の漂白剤を入れてもう一回洗濯したくらいじゃ生乾き臭は取れません。
白いタオルだったら塩素系の漂白剤を入れて30分程つけ置きしてから洗えば消えますけど、塩素系は生地を痛めやすいですからね、普通のお洋服にはちょっと怖くて使えません。
 
ではどうすればいいのか?
というと、やっぱり酸素系の漂白剤を使います。
できれば液体のじゃなくて粉末の漂白剤のほうが効果が高くなります。
ただ、素材に毛や絹が含まれている場合は液体の方にして下さいね。
 
やり方は、50℃のお湯に粉末の酸素系漂白剤をよ~く溶かします。
分量は説明書きをよく見て調節して下さいね。多けりゃ良いってわけじゃないので。^^;
30分ほどでも効果はありますが、出来れば1~2時間。
 
どうせやるならしっかり除菌した方が良いでしょうから、時間に余裕がある時にやるようにした方が良いと思います。
あ、ただつけ置きも2時間までにしておかないと生地を痛めちゃいますから気を付けて下さいね。
 
ちなみに塩素系漂白剤の話になりますが、以前シミが付いた白いタオルを一晩つけ置きしておいたら、翌朝ボロボロになっていたなんてことがありました。
つけ置き時間は説明書きをよく読んで、その時間以上はやらないように気を付けて下さいね。
 
あ、話を戻します。
そしてつけ置きが終わったら、そのお湯は捨てて、そのあとは普通に洗濯をして下さい。
驚くほどキレイに、そしてあのイヤ~な臭いもなくなってますよ。^^
 
 

スポンサードリンク

生乾き臭を予防する洗濯方法

では次に、普段できる生乾きを予防する洗濯方法を紹介しますね。
いくら生乾き臭を取っても、また臭うようになっちゃったら嫌ですからね。
 
生乾き臭の原因は雑菌ですよね。
なので、乾くまでに雑菌が増えないようにしてあげれば生乾き臭を防ぐことが出来るわけです。
では実際に見ていきますね。
 

洗濯前の注意点

 
まずは洗う前からです。
洗濯物って、どこに入れてますか?
まかさ濡れたタオルとか汚れた洋服を「どうせ洗うんだから」と洗濯槽にそのまま入れてませんか?(って、以前の私です。orz)
 
これ一番やっちゃいけないことです。
洗う前にすでに雑菌が増殖しちゃってます。
しかも、洗濯槽まで雑菌が大繁殖!なんてことになっている可能性も大なわけです。
 
もしこんな状態でしたら、まず洗濯槽をお掃除することから始めないといけないかも知れません。
洗濯槽用の洗剤を買ってきて一度ちゃんと洗濯槽もキレイにしましょう。
 
で、洗濯物なんですが、汚れ物は風通しの良いかごに入れて置くようにすると良いです。
濡れたタオルなんかは一旦そのまま干して、乾いてから洗濯カゴに入れるようにして下さい。
とにかく、濡れた状態が菌を増殖させちゃいますので気を付けて下さいね。
 
 

洗濯するときの注意点

 
①洗濯機いっぱいに入れない
 もったいないからと一度にたくさんの洗濯物を洗わない。(以前の私です。^^;)
 これだと、汚れが落ちにくいばかりか雑菌も残りやすくなるので注意して下さいね。
 
②洗剤をよく溶かす
 これ以外と皆さんやっていませんが効果てきめんです。
 以前新聞で読んだやり方なんですが、10分ほど撹拌して洗剤がよく溶けてから洗濯物を入れ、あとは通常通りに洗濯するだけです。
 これ驚くほどキレイになりますし臭いも取れます。(超オススメです。)
 
③すすぎに残り湯を使わない
 せっかく洗った洗濯物に、雑菌が付いて台無しになっちゃいますからね、これNGです。
 すすぎの時にお酢を入れるのも殺菌効果があります。量は大さじ2~3杯くらいです。
 ちなみにお酢の臭いは洗濯が乾くと消えますので心配ありませんよー。
 
 

干すときの注意点

 
①洗濯物は間隔を空けて干す
 濡れた状態が長いと雑菌が増殖しやするなるので、風通しをよくして乾く時間を短縮します。
 
②部屋干しの場合は換気よく
 部屋干しの際は扇風機等で風を入れるようにして下さい。
 さらに、窓を空けて換気扇を回したりエアコンをつけて除湿するようにしましょう。
 
③乾燥機を使う
 縮む恐れのない、あるいは縮んでも良いものは乾燥機を使えば熱で殺菌することが出来ます。
 
④洗濯機のフタを開けておく
 最後に洗濯機のフタは、中が乾くまで開けておくようにしましょう。
 来客でもない限りは、常に開けてあるくらいでいいと思います。
 
 

まとめ

生乾きの臭いをまとったまま一日を過ごす。
あの嫌~な気持ちのまま過ごすのって、ほんと心がシュンとしちゃいますよね。
でも、これでもう自信をなくした感じの一日を過ごすなんてことはなくなります。^^
 
毎回の洗濯をちょっと気を付けるだけで違ってきますからね。
面倒がらずに試してみて下さいね。
 
私の場合、普段は洗濯するときの「②洗剤をよく溶かす」と、干すときの注意くらいしか気を付けてません。(基本ズボラなので。^^;)
洗濯槽に洗剤と少量の水だけ入れて空回し10分、そのあと洗濯物を入れて水量調節、そして終わったら風通しを良くして干すだけです。
 
臭くなっちゃったのはちゃんとやらないとダメですが、普段はこれだけで十分ですから試してみて下さいね。
 
では~

スポンサードリンク

 

タグ : 

生活

この記事に関連する記事一覧