残暑見舞い 例文

お役立ちズム

残暑見舞いの書き方@親戚から来てしまった!文章の構成と例文。


親戚の人から暑中見舞いが来てしまった。
いつもは来ない人からなので、どう書いたらいいのか?
なんて考えていたら、「早く返事を書かないと」と思いつつ日にちが経ってしまって・・・
 
と、言い訳してはみたものの、
実は、そう難しいことじゃないんですけどね。
ただ面倒くさがり~なだけです。ハイ。(;^_^A
 
てなわけで、残暑見舞いを書くことにしました。
あ、ちなみに暑中見舞いは立秋(8月7日頃)までなので、それ以降は残暑見舞いになります。
 
 

スポンサードリンク

残暑見舞いの書き方

では、どんな風に書いていけばいいのか?
というと、ぜんぜん難しいことはなく、
ほぼ決まった型に当てはめるだけなんですけどね。
 
えっと、そもそも何で暑中見舞い・残暑見舞いをなんで出すのか?
というと、暑い時期に相手を気づかうために出すんですよね。
 
だから、ダラダラ長い文章を書くよりも、
簡潔に書いた方が相手への印象をいいんですね。
 
 

残暑見舞いの構成

というわけで、
一応、残暑見舞いを書く時の構成をみておきますね。
あ、ちなみに暑中見舞いも文章が少し変わるだけで構成は全く同じです。
 
●季節の挨拶
「残暑お見舞い申し上げます」ってやつです。
暑中見舞いだったら「暑中お見舞い申し上げます」ですよね。
 
●次に時候の挨拶+相手を気づかう言葉
残暑見舞いの場合、立秋を過ぎてから8月末頃までなので、
「晩夏」とか「立秋」、「葉月」などの言葉を使っての挨拶文ですね。
 
●自身の近況報告
自分のことを書くんですが、これは相手にもよりますが、
けっこう具体的に書いたほうが、貰った方はうれしいものですよね。
 
●相手を気づかう言葉
で最後に相手の体調を気づかう言葉を忘れずに。
 
●日付
あとは日付ですが、これは「平成◯年 立秋」とかでOKです。
 
 

スポンサードリンク

残暑見舞いの例文

では、上のことを踏まえて例文を。
 
●季節の挨拶
・残暑お見舞い申し上げます。
・残暑御見舞い申し上げます。
 
●時候の挨拶+相手を気づかう言葉
<前半>
・残暑厳しい折
・立秋を過ぎても厳しい暑さが続いておりますが、
・立秋とは名ばかりの暑い日が続く毎日ですが、
・なお厳しい暑さが続き、本当の秋が待ち遠しい毎日ですが、
・猛暑が続き夏の疲れが出る頃ですが、
・相変わらずの暑さが続いておりますが、
・暦の上では秋だというのに厳しい暑さが続いておりますが、
・暦の上ではもう秋ですが暑さはおさまる気配もございませんが、
 
<後半>
・お変りなくお過ごしでしょうか。
・皆様いかがお過ごしですか。
・お元気でいらっしゃいますか。
・お健やかにお過ごしでしょうか。
・お変わりなくお過ごしでしょうか。
・日々はつらつとお仕事にお励みのことと思います。
・お元気でご活躍のことと存じます。
・皆様はお変わりなくお元気にしていらっしゃいますか。
 
●自身の近況報告
・今年は子供が○○なので、○○しました。
・今年の夏は○○に行って来ました。○○だったので、○○でした。
・先日家族で○○へ出かけ、◯◯して、◯◯しました。
 
●相手を気づかう言葉
<前半>
・まだしばらくは暑さが続くようです。
・残暑厳しき折、
・時節柄
・暑さ尚厳しき折柄、
・夏の暑さもあと少しです。
・秋風がやってくるのはもう少し先のようです。
・夏の疲れが出やすい頃ですので、
・まだまだ厳しい残暑が続きそうですので、
 
<後半>
・皆様どうぞご自愛下さい。
・御身大切にお願い申し上げます。
・体調を崩されませぬようご自愛ください。
・どうぞご自愛くださいますようお願い申し上げます。
・お体を大切に過ごされますよう、お祈り申し上げます。
・皆様のご健勝とご自愛をお祈り申し上げます。
・くれぐれも風邪など召しませぬようご自愛ください。
・皆様にはどうぞお健やかにお過ごし下さいますようお祈り申し上げます。
 
●日付
・平成◯年 晩夏
・平成◯年 立秋
・平成◯年 八月
 
 

暑中見舞いの返事の場合には

と、こんな感じの文をただ組み合わせれば出来上がります。^^
相手に合わせて選んだり、自身の状況によって文章を選んでいけばOKです。
 
ただ、暑中見舞いを貰ってのお返しの場合には、季節の挨拶の後に
その御礼も書き添えた方がいいと思いますよ。^^
こんな感じで、
 
・ご丁寧に残暑見舞いのお葉書をいただき、ありがとうございます。
・暑さ厳しい中、残暑お見舞い頂きありがとうございました。
・このたびは御見舞い状を頂きありがとうございました。
 
 
もちろん、ここに出ている文が全てではないので、
しっくりくる文章がなければ、相手に合わせて言葉を丁寧にしたり崩したり、
あるいは言葉を足したり引いたり、また変えたりして
自分の伝えたいニュアンスの文章に仕上げればいいと思います。
 
こんな感じに細分化していけば、けっこう簡単に出来ちゃいますよね。
ではでは。
 
 

スポンサードリンク

 

イベント

この記事に関連する記事一覧