化粧品 使用期限 開封後

お役立ちズム

化粧品の開封後の使用期限がわからない!捨てるタイミングの見極め方


化粧品って、いつのまにか増えちゃって困る!
なんてことありませんか?
 
片付けしてたら昔使ってた化粧セットが一式出てきたとか、新しいシリーズが出て使うのをやめちゃったのとか、肌に合わないからとか、なんかイメージと違ったからとか・・・
 
ま、いろいろ理由はあるかも知れませんが、使い切れずにいつの間にか増えちゃってることってありますよね。
でも捨てるのももったいないし、かといって一回使ったのを人様にあげるのもねぇ。
 
てなわけで、開封してしまった化粧品の有効利用と捨てるタイミングの見極め方を紹介していきます。
 
 

スポンサードリンク

化粧品の使用期限と開封後の危険性

化粧品の使用期限って未開封なら3年、開封したものに関しては半年を目安って言われることが多いですよね。
でも、出来れば長く使いたいし、使わなくなったものでも有効活用したいなんて思いませんか?
 
化粧品は開封しただけでも空気に触れて酸化が進み、また指で触ったり一回でも使えば菌が繁殖してしまう危険性もあります。
 
菌が繁殖した化粧品を使えば、とうぜん肌トラブルの原因にもなりますし、マスカラとか目の近くに使うものであれば、目にバイ菌が入って結膜炎とか感染症とかにもなりかねませんから注意しないといけません。
 
ま、こんな感じですので、開封してから時間が経過して使わない法が良いものに関しては、使用を避けて処分するようにしましょう。
 
 
でも「これまだ使えんだけどなぁ~」というのものや、ただなんとなく合わないとか、悪くないんだけど新しいシリーズが気に入って「そっち使っちゃってるし」なんて時には勿体無いですよね。
そんな使いかけの化粧品を「なんか有効活用できないかなぁー?」なんて思ったりしませんか?
 
で、そんなときにオススメしたいのはボディーに使うってことなんです。
 
肌が乾燥気味のときなんか、この時とばかりにバシャバシャっと。
腕でも足でもカラダ中。特にヒジとか膝、カカトなんかはこれでもか!ってなくらいに。(笑)
ホントすべすべになりますし、たんまり使って満足感たっぷりにもなります。^^
 
 
でも、マスカラが固まり気味にって化粧水とか入れて使ってる人いますけどあれはダメですよ!
目にバイ菌とか入ったらヤバイですから。取り返しのつかないことにもなりかねませんので注意してくださいね。
 
実は、人の事言えないんですけど、プロの人に教えてもらいました。
目には見えないけど「きっと菌がウジャウジャだよ!」って。マスカラに関しては人との貸し借りもNGだって。
目の周りって敏感だから、プロの人は特に気を使うみたいですね。
 
「別に大丈夫だよ!」って言う人もいるかもしれませんが、それ聞いてから怖くなりました。
 
 
あ、あと「肌にいまいちかなぁ~」なんて思って使うの止めたやつなんかは洗顔料に混ぜてとかするといいかも知れません。
どうせ洗い流すので肌には残らないし、洗ったあとカサつかないでツルッツルになります。
 
「なんか贅沢~!」なんて思うこともありますが、捨てちゃうよりはいいですよね。
逆に使っちゃわないともったいないですからね。
 
 

スポンサードリンク

アイテム別開封後の使用期限

未開封の化粧品の使用期限は3年。開封後は半年が目安ってことなんですけど、開けちゃった化粧品の使用期限って、実はそのアイテムによってだいぶ違うんです。
 
で、ここではそれぞれのアイテムの開封後どれくらい使っても大丈夫か?ってことを見てきます。
ただ、これも保管環境、使用状況によってもだいぶ違いますので、室温や湿度が高くなる所とか、直射日光に当たる所とかでなく、比較的良好な保管条件での使用してる場合の使用期限を紹介していきます。
 
●スキンケア用品:6ヶ月
 化粧水、乳液、美容液、クリーム、クレンジング、洗顔などは肌じかに使用するものだし、浸透させる効果があるものもあるので、問題があると肌トラブルにつながりやすいので注意が必要です。
 
●マスカラ:3ヶ月
 マスカラは目の近くで使うということと、液体で菌が繁殖しやすい環境なので3ヶ月を目安に。
 
●アイライナー:3ヶ月~1年
 リキッドアイライナーは液体なので3ヶ月、ペンシルアイライナーは削れるので長めですが、それでも1年が目安です。
 
●ファンデーション:6ヶ月~1年
 リキッド、クリームファンデーションは半年ほど、パウダリーファンデーションは1年くらいを目安に。
 粉状のパウダーより液状のリキッドのほうが菌が繁殖しやすいので注意しましょう。またパフを使うことで雑菌がつきやすいのでこちらもこまめに洗うようにしましょうね。
 
●アイシャドウ:6ヶ月~1年
 クリームシャドウで半年くらい、パウダーシャドウは1年を目安に。
 こちらもチップ、ブラシなどはこまめに洗いましょう。
 
●コンシーラー:8ヶ月
 
●フェイスパウダー:2年
 
●口紅:2年
 口内の細菌が付着すると劣化しやすいので注意。もし色や匂いの変化に気付いたら期限内でも使うのをやめましょう。
 
●リップグロス:1年
 こちらも口紅同様で、色や匂いが変だったら使用を避けましょう。
 
●チーク:2年
 チークはファンデの上からなので、そこまで気にしなくても大丈夫ですが、一応開封後2年を目安で。
 
●日焼け止め:6ヶ月
 日焼け止めは1シーズンで、去年のものとか酸化してるので使わないようにしましょうね。
 
●マニキュア:1年
 液体が分離してるようなら使わないほうがいいでしょう。
 
 

化粧品を捨てるタイミングの見極め方

未開封の化粧品でも、一応3年をめどに処分したほうが良いですが、サンプルなどいつ貰ったのかわからないものも結構あるかも知れませんよね。
 
サンプルに関しては、新商品ならば売りだした時期、そうでなければ何かのキャンペーンなどで良く配られますよね。
ま、キャンペーンまで把握するのは厳しいですけど、発売した時期だったら調べられたりしますので、それを参考に3年くらいを目安にするといいでしょう。
 
また、買ったもの貰ったものだったらロット番号を記載しているものも多いですから、メーカーに問い合わせるなどすると分かる場合があります。
 
というわけで、未開封のものは基本3年を目安にするといいでしょう。
 
 
で、開封した化粧品に関しては、もし何らかの異常に気付かなかったとしても、上記の使用期限を参考に処分を考えたほうが無難です。
 
ですが、もし使用期限内だったとしても、以下の様な異常を見つけたら使用を避けて処分するようにしましょう。
 
●分離・沈殿している
 乳液やクリーム、リキッドファンデーション、口紅などは分離が見られるようならすぐに使用を中止しましょう。
 また、白いのが浮いてるようなら、もう使わないほうがいいでしょう。
 
●臭い
 鼻にツンとくるような酸っぱい感じの臭いがしたらアウトです。咳き込むような臭いだったら完全腐ってますよー。使うのやめましょうね。
 
●変色
 もし色が変わってるようなら完全アウトです。これも即効処分です。
 
 

開封後の化粧品の使用期限についてのまとめ

というわけで、開封後の化粧品の使用期限について見てきましが、やっぱり「もったいない」という心理が処分をためらうことにつながりますよね。
 
ま、その気持もよくわかりますが、肌トラブルや目の周りなどでは結膜炎や感染症とかシャレにならない自体に陥ることも考えられますから、ここは思い切って処分することをおすすめします。
 
と言って、自分を納得させているきらいもありますが、つい「あとちょっと」なんて気持ちが出てきちゃいますからね。気をつけていきましょう。
 
 

スポンサードリンク

 

タグ :

美容・健康

この記事に関連する記事一覧