お盆 新盆 旧盆

お役立ちズム

お盆休みが近くなって、ふと新盆とか旧盆の違いってなんだろう?と思って。


お盆休みが近づいてきて、ウキウキした気分でいたんだけど、
なんか台風が近づいてきていて、このままだとどうなるんだろうかと
ちょっと冷や冷やしております。
 
てな感じではありますが、
そういえばお盆って、東京では7月で、地方では8月にやるって聞いてたけど、
実際の所どうなんだろう?とか、
新盆と旧盆の違いって何なんだろう?とかって。
 
いろいろと知りたいお年頃(笑)になってきて、
ちょっと調べてみました。
 
 

スポンサードリンク

もともとお盆って

お盆はもともと、サンスクリット語の盂蘭盆(うらぼん)が語源で、苦しんでいる亡者を救うための仏事として
旧暦の7月15日に行なわれる行事です。
あの世で極楽に行けなくて苦しんでいる母の事を、弟子に相談されたお釈迦様が、7月15日に御供物をあげて供養するよう教え、無事に往生できたということから始まったとされています。
 
新盆と言うのは「にいぼん」とか「あらぼん」と呼ばれていて、亡くなってから初めて迎えるお盆のことで、初盆(はつぼん)のことになります。
 
この時点で、東京のお盆が新盆だと勘違いしていた自分が恥ずかしくなりました。^^;
子供の頃に理解していると思ってるものって、けっこう曖昧ですよね。
って、自分を慰めたりして。
 
で、旧盆ですが、これは現代の8月のお盆のことになります。
つまり、旧暦の7月のお盆が新暦の8月になるわけです。
 
ですから、元々のお盆と同じ時期に当たるのが現在の旧盆で、
歴の上で、同じ呼び名(7月15日)なのが新盆になるわけです。
 
「あれ?でも、さっきは新盆は初盆のことって言ってなかったっけ?」
って思いませんでしたか?
 
 

スポンサードリンク

新盆の呼び方が・・・

新盆は初盆という意味で使われることもあるし、新暦の7月15日のお盆のことという意味で使われることもあるんです。
 
「なぬ~!?わけわからん!」
ごもっともです。(笑)
 
ですから、もともと新暦の7月をお盆とする地域では新盆(しんぼん)といって、呼び方が違っていたんです。
でも、今じゃごっちゃになってますよね。
 
なので私も東京のお盆が7月と思っていたのです。
「エッヘン!」って、違うか。^^;
 
旧盆に関しても、地域によっては月遅れのお盆と呼んでいるところもあったりするんです。
 
ま、そんなわけで現在では紛らわしいことになっているんですが、どうしてそんなことになっちゃったんでしょうね。
というのも、実はその地域の都合でお盆の時期に違いが出ちゃった理由があったんです。
 
 

なんでお盆の時期が地域で違っちゃったの?

そもそも旧暦の7月(新暦の8月)は初秋で、お盆というと秋の行事ということになるんですが、
これを新暦の7月にやっちゃうと、梅雨が明けるかどうかって時期になっちゃうんですね。
 
都会では梅雨だろうと何だろうと関係ないかも知れないけど、農業を主体としている地域ではお盆どころじゃないって話になります。
てなわけで、旧暦の7月、現在の8月にお盆ってなったと言われています。
 
なんだか、ややこしいですよね。
ま、こう見てみると、「東京では7月で、地方では8月」というのも、完全なハズレじゃないみたいですね。^^
 
 

とは言っても思いはひとつ

7月、8月の違いはあれ、13日に家に迎え入れ(迎え火)、供養を行い、16日に送り出す(送り火)という儀式を行うところが多いですよね。
といっても、最近ではあまり見なくなりましたが。
 
地域によっては、精霊流しや灯篭流しを行うところもありますよね。
 
ま、いづれにしても亡くなった人を思う気持ちから行うことには変わりませんよね。
時期ややり方よりも、やっぱり気持ちを込めて行うことのほうが大切なんでしょうね。
 
 

スポンサードリンク

 

うんちく

この記事に関連する記事一覧