七夕祭り

お役立ちズム

七夕祭り@三大祭はいつ?新旧暦でちがう全国の有名な七夕祭り


七夕といえば、七月七日の夜に彦星が天の川を渡って織姫に逢うことができる一年一度だけの日というお話でしたよね。
星の伝説の許された一日だけに夢を託して書くのが笹飾りで、子供の頃、短冊に願い事を書いて祈る気持ちで結びつけた記憶が私にもあります。
 
ここではどこの七夕祭りが有名な三大七夕祭りと、どこの七夕祭りがいつやるのか紹介していきます。
あと、知っているとちょっとカッコイイ!?みたいな七夕祭りのウンチクも織り交ぜていますので、楽しんで読んでみてくださいね。
 
 

スポンサードリンク

日本三大七夕祭ってどこなの?

167_1
七夕祭りといえば仙台の七夕まつりを思い浮かべる方も多のではないでしょうか?
宮城県仙台市で行われる仙台七夕に訪れる観客数は、全国の七夕まつりの中でもダントツで200万人を越します。
 
次いで神奈川県の平塚市の平塚七夕まつりで170万人ほどになります。
3番めが愛知県安城市の安城七夕まつりで、この3つの七夕まつりを三大七夕祭りと言うことが多いようです。
 
と、ここで「多いようです」と言いましたが、これにはわけがありまして・・・
 
実は3番めは愛知県一宮市という説もありまして、安城の方は安城が、一宮の方は一宮が三大七夕祭りと言っているみたいですね。^^;
 
どちらも愛知だし、ライバル意識?があるのかもですが、地元を応援する気持ちはどちらも同じなのでしょう。
ま、一宮の方は7月、安城の方は8月に七夕まつりが行われますので、「どちらも楽しんじゃえば・・・」なんて無責任にも思ってしまう次第であります。^^
 
というわけで三大七夕祭りは、「仙台」「平塚」「安城」もしくは「一宮」の3つではなく4つのことを指します。
 
 
でも、なんで仙台だけダントツで多いのか?というと、
「仙台七夕まつり」は青森県の「ねぶた祭」、秋田県の「竿橙祭り」と合わせて、「東北三大祭り」あるいは「東北三大夏祭り」とも言われているんですね。
これらのお祭りも一緒に楽しんじゃおう!なんてことから人気が高いんでしょうね。
 
実際に、東北三大夏祭りツアーみたいなのが組まれたりしますし、それよりも何よりも8月開催ということで、夏休みを絡めて訪れる方も多いんですよね。
ま、こんな感じで全国的にも有名になったようです。
 
と、あとひとつ、山形県の「花笠まつり」も忘れちゃいけませんね。
このお祭りも合わせて東北四大(夏)祭りと言いますからね。
 
で、ちょっと余談ですが、実はねぶたも「青森ねぶた」「弘前ねぶた」「川原立佞武多」と分かれていまして、これらを別々に数えて五大と言ったり、また東北地方の他の地域のお祭と合わせて東北六大祭りと言ったり、また○大の組み合わせも色々だったりします。
 
 

七夕祭りっていつやるの?

167_2
では次に七夕祭りはいつやるのか?
というと、七月七日とは限らないんですよね。
 
なんか夢を壊すようで気が引けますが、実は七月七日に天の川を見ることはできません。
というのも、七月七日は梅雨明けしてないことがほとんどだし、天の川はまだ東の空の低いところにありますので綺麗には見えないんですね。
 
実際に、一番有名な仙台七夕祭りも、三大の一つ安城の七夕まつりもも8月に開催されますし。
全国的に見ても、大きな七夕祭りは半数かそれ以上のところで8月に行われます。
 
「ではなんで七月七日にやらないの?」というと、
お察しのように、新暦と旧暦の違いがあるからなんですね。
 
お盆もそうですけど、明治以降いろんな行事が新旧暦ゴチャまぜでややこしくなりましたよね。
というわけで、全国には新暦の七夕祭りを7月に行うところと旧暦の8月に行うところがあるわけです。
 
日にちの取り決めはその場所によって様々ですが、だいたい7月8月ともに七日前後の土日を絡めて開催するところが多いです。
 
では、次に実際にどこの七夕祭りがいつやるのか?を見ていきますね。
 
 

スポンサードリンク

新暦・旧暦の七夕祭り

167_3
では、7月と8月に開催される主な七夕祭りの一覧です。
(ウィキペディア参照:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E5%A4%95)


●7月開催の七夕祭り
 
・八戸七夕まつり(青森県八戸市)◆37万人/4日間(2007年)
   7月 海の日までの金・土・日・月
・前橋七夕まつり(群馬県前橋市)◆35万人/4日間(2012年)
   7月 第1月の3日後から4日間
・深谷七夕まつり(埼玉県深谷市)
   7月 上旬の金・土・日
・小川町七夕まつり(埼玉県小川町)
   7月 最終土・日
・茂原七夕まつり (千葉県茂原市)◆84万人/3日間(2008年)
   7月 最終金・土・日
・湘南ひらつか七夕まつり(神奈川県平塚市)◆170万人/3日間(2013年)
   7月 第1金・土・日
・慶應義塾大学SFC七夕祭(神奈川県藤沢市)
   7月 第1土
・古町七夕まつり(新潟県新潟市中央区古町)
   7月 上旬の9日間
・戸出七夕まつり(富山県高岡市戸出町)
   7月3日・4日・5日・6日・7日
・舟見七夕まつり(富山県入善町舟見)
   7月6日・7日
・清水七夕まつり(静岡県静岡市清水区)◆51万人/2日間(2012年)
   7月 第1土・日
・円頓寺七夕まつり(愛知県名古屋市)
   7月 最終水より5日間
・一宮七夕まつり(愛知県一宮市)◆117万人/4日間(2013年)
   7月 最終木・金・土・日
・機物神社七夕まつり(大阪府交野市)
   7月6日・7日
・七夕バルーンリリース(徳島県徳島市)
   7月7日7時7分7秒
・七夕神社夏祭り(福岡県小郡市)
   7月7日、8月5日~8日
 
 
●8月開催の七夕祭り
 
・盛岡七夕まつり(岩手県盛岡市)◆8万人/4日間(2008年)
   8月4日・5日・6日・7日)
・うごく七夕まつり(岩手県陸前高田市)
   8月7日
・けんか七夕まつり(岩手県陸前高田市気仙町)
   8月7日
・仙台七夕まつり(宮城県仙台市)◆206万人/3日間(2013年)
   8月6日・7日・8日
・能代役七夕(秋田県能代市)
   8月6日・7日
・七夕絵どうろうまつり(秋田県湯沢市)◆17万人/3日間(2013年)
   8月5日・6日・7日
・平七夕まつり(福島県いわき市平)◆43万人/3日間(2010年)
   8月6日・7日・8日
・水戸黄門まつり(茨城県水戸市)
   8月 第1金・土・日
・土浦キララまつり(茨城県土浦市)
   8月 第1土・日
・桐生八木節まつり(群馬県桐生市)◆46万人/3日間(2012年)
   8月 第1金・土・日
・入間川七夕まつり(埼玉県狭山市)◆43万人/2日間(2001年)
   8月 第1土・日
・上福岡七夕まつり(埼玉県ふじみ野市上福岡)◆7万人/2日間(2013年)
   8月 第1土・日
・阿佐谷七夕まつり(東京都杉並区阿佐谷)◆70万人/5日間(2011年)
   8月7日と土曜を含む5日間
・福生七夕まつり(東京都福生市)◆40万人/4日間(2013年)
   8月 第1木・金・土・日
・越後村上七夕祭(新潟県村上市)
   8月16日・17日
・高岡七夕まつり(富山県高岡市)◆15万人/7日間(2013年)
   8月1日~7日
・尾山の七夕流し(富山県黒部市尾山)
   8月7日
・宝立七夕キリコ祭り(石川県珠洲市宝立町)
   8月7日
・水都まつり(岐阜県大垣市)
   8月 第1木・金・土・日
・安城七夕まつり(愛知県安城市)◆125万人/3日間(2013年)
   8月 第1金・土・日
・松阪七夕まつり(三重県松阪市)
   8月 第1土
・山口七夕ちょうちんまつり(山口県山口市)
   8月6日・7日
・三木町いけのべ七夕まつり(香川県三木町)
   8月 第1土・日
・大分七夕まつり(大分県大分市)◆39万人/3日間(2013年)
   8月 第1金・土・日
 
 

まとめ

七夕というとロマンチックなイメージで、子供の頃は願い事を書いて静かに過ごすみたいな感じで、というか何となくトキメキっぽい感情を持っていたような気がします。
 
今ではトキメキというよりも、賑やかな七夕祭りを楽しむっていう感じのほうが強くなってしまっていますが、そんな中でもなんか厳かな気持ちを感じるのは、やはり普通のお祭りとは違うからかも知れませんね。
 
ま、7月と8月と楽しめる時期が2回もありますので、ぜひ出かけて楽しんで下さいね。
 
 

スポンサードリンク

 

タグ :

イベント

この記事に関連する記事一覧