運動会 お弁当 簡単

お役立ちズム

運動会のお弁当が簡単@義両親も納得!前日準備で味も見栄えもバッチリ


運動会のお弁当って、おかずは何にしらたいいのか悩んだりしませんか?
ましてや義両親が来ようものならなおさらですよね。考えるだけで憂うつになります。
 
定番のメニューでもいいんだけど、それじゃ芸がなさすぎるし、かと言って手のこんだものを作る時間なんてありませんからね。
だって、当日の朝はお弁当の支度だけじゃなくて、子供の用意から自分の化粧までw。
 
いくら時間がなくても、義両親がきても恥ずかしくない、というか嫌味を言われない?美味しくて見栄えのするお弁当を作っていきたいですよね。
 
というわけで、とにかく簡単で時間と手間をかけない、子どももお年寄りも喜ぶお弁当の紹介です。
 
 

スポンサードリンク

運動会のお弁当を簡単に作る鉄則!

運動会のお弁当を作る上で一番優先しなければならないのは“簡単”ということです。
 
とにかく当日の朝は忙しいです。
いくら早起きをして用意をしても、あっという間に時間がなくなって「もういいや!」なんて冷凍食品をそのまま詰めちゃうなんてことありますよね。
 
え!もしかして私だけ?
 
ってことはないですよね。冷凍食品とは言わないまでも似たような経験はありますよね。
だって、このページを読んでるんですから。(笑)
 
ま、とにかく難しいのは作らない、簡単に出来るものを作るのが鉄則です。
その中で、お子さんの大好きなもの、家族の大好きなおかずを選んでいきましょう。
あと、取り皿でもいいのですが、箸やピックだけで食べられるようにした方が場所を取らなくていいですよ。
 
では具体的に簡単で人気のあるメニューを紹介しておきますね。
 
ごはんの定番は、
・おにぎり
・おいなりさん
 
ですよね。
もし、もう少し彩りを考えるなら、おにぎりも 海苔だけじゃなく、ごま塩やふりかけにしてラップで包めば見栄えも良くなります。
 
 
定番のおかずでは、
・から揚げ →ちょっと手間かかるけど定番なんで。面倒なら冷凍でもいいかも。
・たまご焼き →混ぜて味付けして焼くだけ。(形整えるの大変ならスクランブルエッグでも)
・ウインナー →炒めるだけ。あるいは茹でるだけ。
 
といったことろは、どの家庭でも入れてくるし、子どもも大好きですよね。
 
あと彩りに、
・ミニトマト →洗ってヘタ取るだけ(ヘタ付いたままだと菌増えやすいですよ)
・プロッコリー →茹でるだけ。
・フルーツ(リンゴ、キウイ、オレンジ、パイナップル、梨、巨峰など)→剥いて切るだけ。
 
などが定番な感じですよね。
 
あと簡単にできて子どもが喜ぶものとして、
▽ごはん系
・巻きずし →前日下ごしらえ
▽おかず系
・ハンバーグ →前日下ごしらえ
・エビフライ →前日下ごしらえ
・アスパラのベーコン巻き →巻いて焼くだけ
・スコッチエッグ →前日下ごしらえ
・焼き肉・生姜焼き →タレと絡めて焼くだけ。
▽サラダ系
・野菜スティック →切るだけ。
・カニカマ →袋から出すだけ。
・ポテトサラダ 
・とうもろこし →ゆでて切るだけ。
▽デザート系
・小さいゼリー →前日凍らせて入れるだけ。(保冷剤の代わりにも)
 
 
と、こんな感じになります。
結構いろいろあるでしょ。^^
 
他にも、お子さんの大好きなもの、家族の好きなものなど、ご自分の家庭のとっておきの一品があればそれも加えると楽しみも増えますよね。
 
これだけ見ると、いろいろとアイデアが浮かんできませんか?
このあと、前日の下ごしらえのコツとか書いてますから最後まで見ていって下さいね。
 
 

スポンサードリンク

運動会のお弁当も義両親が来てもOKメニュー

143_2運動会のお弁当で一番の強敵?は義両親、なんて思っている方も少なくないのではないでしょうか?
自分の両親ならともかく、旦那さんの両親ともなるといろいろと大変ですよね。
失敗できないし、かといってゆっくり時間をかけて作る時間もないですしね。
 
とっても仲の良い姑さんだったりしたら、お弁当も手伝ってもらったり、手分けしたり、なんてことも出来るんでしょうけど・・・。
なかなかそうもいかないことも多いのではないでしょうか。って、ここも私だけだったりして。(笑)
 
とりあえず、ここでは父方の祖父母も運動会にいらしても恥ずかしくない、おっと喜んで頂けると言った方がいいのかな?
ま、そういう前提で。
 
話を戻します。
とにかく、子どもだけじゃなく、おじいちゃんおばあちゃんにも美味しく召し上がれるお弁当のご提案です。
 
といっても、上に書いたメニューでも十分喜んでもえるとは思いますが、あと1、2品入れておくと、油っこいものが苦手な祖父母でも喜んでもらえるのが、
 
・煮物(筑前煮) →前日作って朝温めなおすだけ。(味がしみて当日より美味しい。)
・きゅうりの浅漬け →買ったものでも浅漬の素でも。
 
この辺りがあるだけで、だいぶ落ち着くようですよ。^^
 
 
では次に見た目ですね。
家族だけだったらまだしも、義両親が来るとなるとお弁当の見栄えも気になったりしますよね。
 
もちろん彩りが良ければ美味しそうに見えますから、子ども達も「わぁ!」となって喜びますので一石二鳥です。
 
てなわけで見栄えのいいお弁当ですが、一般的にはやっぱり重箱が一番見栄えがしますよね。
でも、容れ物はフタ開けちゃえばそんなに気になるものじゃないし、タッパでもなんでもいいと思います。
とはいえ、うるさいというかこだわる義両親の場合はお重の方が無難かもですね。
 
ま、そうは言っても、お弁当の量とか、煮物とかの汁物、他ものといっしょに入れたくない果物とかもありますから、タッパとかも上手く使って併用するといいでしょう。
 
では中味です。
基本的にお弁当は、茶色っぽくなりやすいです。とくに煮物とか入れると。
 
なので、赤や緑のあざやかな色の野菜や果物で彩りをつけるようにするとパッと見いい感じになります。
赤、黄色、緑を意識してバランスよく配置するようにすればOKです。
 
赤 →プチトマト、ニンジン、ウインナー、鮭フレーク(マヨと和えるのもアリ)、梅干(腐食防止にも)
黄色 →卵(玉子焼き、ゆで卵を半切り、うずらの卵)
緑 →ブロッコリー、レタス(周りに敷いてお肉のせたり)、きゅうり
 
と、思いついただけでもこんな感じで色合せしてあげるとキレイに見えます。
 
あ、ちなみにマヨネーズは上にかけちゃうとフタにべっとりなんてことありますよね。
和え物は別として、ブロッコリーとかゆで卵なんかの場合は、マヨネーズをたっぷり下に敷いてその上に置くとキレイだしズレの予防にもなりますよ。^^
 
 

運動会のお弁当は前日準備でバッチリ!

143_3では次に、時短のための前日準備です。
 
この前日の下ごしらえ次第で、朝の段取りが決まると言っても過言ではありません。
子どもの用意もある忙しい朝ですから、前日にできることは全て済ませておくくらいの方がいいでしょう。
 
とはいっても、前日準備することで一番大切なのは腐らせないこと。
いくら前日に用意しておいたほうが良いといっても、一番怖いのは食中毒ですからね。
これこそシャレになりませんから気を付けて下さい。
 
では、前日出来る工夫です。
 
▽ごはん系
おにぎりは当日の朝の方が良いですけど、酢を切る巻きずしや稲荷ずしは前日作って、ひとつづつラップにくるんで野菜室で保管。あ、そのあと新聞紙で包んで入れておくと乾燥防止になりますよ。
 
▽おかず系
・から揚げ →前日に作り、タッパーで野菜室保存。
・ハンバーグ →前日に作り、タッパーで野菜室保存。あるいは朝焼くだけに。ちなみに玉ねぎ多めにすると硬くなりづらいので冷めても美味しいですよ。
・エビフライ →前日に作り、タッパーで野菜室保存。あるいは朝揚げるだけに。
・スコッチエッグ →前日に作り、個別にラップかタッパーで野菜室保存。甘辛く仕上げると保存が効きます。
・玉子焼き →前日に作り、個別にラップかタッパーで野菜室保存。ちなみに砂糖多めだと保存が効きますし、子どもも喜びます。
 
▽サラダ系
・ポテトサラダ  →前日に作り、ラップかタッパーで冷蔵保存。
 
▽デザート系
・果物 →前日野菜室へ。
・小さいゼリー →前日冷凍室へ。
 
とりあえず、これくらいやっておけば朝もずいぶん楽だと思います。
 
 

まとめ

運動会のお弁当は、とにかく時間がない中でたくさんの料理を用意しなければなりません。
できるだけ前日までに下準備をすまし、朝にやることを少なくするのがコツです。

子どもの用意と皆んなの分のお弁当、そして自分の用意までしなければなりませんからね。
味も見た目も美味しい弁当を作って下さいね。
 
 

スポンサードリンク

 

タグ : 

イベント

この記事に関連する記事一覧