祝日 祭日 違い

お役立ちズム

祝日と祭日の違い@祝祭日の移り変わりと現在の休日の決め方


祝日とか、祭日とか、祝祭日とか、普段あんまり意識しないで使ってるけど、この違いって何なんだろう?
なんて考えたことはありませんか?
 
どれもお休みの日だってことは分かりますけどね。^^
 
でも最近、祭日って表現を見なくなったと思いませんか?
祝祭日も、時代とともに変わってきてるんですよね。
 
ハッピーマンデー制度以降、祝日が月曜日に動く日もあって、成人式っていつ?とか日にちが分からなくなったりすることありますよね。
祝日と祭日の違い、そして移り変わりを見ていこうと思います。
 
 

スポンサードリンク

祝日と祭日の違い

祝祭日は、文字通り祝日と祭日の総称です。
 
祝日と祭日の違いはというと、
祝日が歴史的出来事に由来する記念日のことで、祭日は宗教上の祭祀を行う日のことでした。
 
が実は、「国民の祝日に関する法律」が1948年(昭和23年)に制定されて、以前の祝日と祭日が「祝日」に統合されてしまいました。
つまり現在は、「祭日」という日はなくなってしまったんですね。
 
祭日は元々「祭りを行う日」ということでありますが、日本の場合、「皇室の祭典を行う日」という意味合いも含まれています。
 
ですので、キリスト教圏では今でもキリストに由来する祭日がありますが、日本では戦後、色々な法改正が行われ、皇室が行う祭日を休日にするということがなくなり国民の祝日となったわけです。
 
 
最近は「祝日」と表現するところが多いように感じますけど、戦後すぐに祭日という日がなくなった割りには最近まで使っていた人も多いような気がしませんか?
 
もしかしたら「祭日」という呼び名に慣れ親しんできた昔の人が減ってきたから?かもしれませんよね。
ま、「祝祭日」という表現は今でもけっこう見ますけどね。
 
 

祝日と祭日の変化

戦後、「祭日」がなくなり「国民の祝日」となったわけですが、その祝日も色々と変化してきています。
最近ではハッピーマンデー制度で、月曜日に祝日が動いちゃうやつですよね。
 
あれって、結構わかづらかったりします。
ずれる祝日とずれない祝日がありますからね。
 
で、月曜日に動く祝日は「成人の日」「海の日」「敬老の日」「体育の日」の4つ。
「成人の日」が1月の第2月曜日、「海の日」が7月の第3月曜日、「敬老の日」が9月の第3月曜日
「体育の日」が10月の第2月曜日になるわけです。
 
他にも、「春分の日」と「秋分の日」はその年によって日にちが違います。
お彼岸ですよね。
 
こちらは、国立天文台の「暦象年表(れきしょうねんぴょう)」によって決められていて、
「春分の日」は3月20日~21日(太陽が黄経0度の春分点を通過する日)
「秋分の日」は9月22日~24日(太陽が黄経180度の秋分点を通過する日)
となっています。
 
あとの祝日は動かせないので毎年同じです。
 
 
他にも、祝日って時代とともに色々変わったりするんですよね。
昭和48年(1973年)から「振替休日」(日曜日と祝日が重なった翌日は休日にする)ができたり、
昭和60年(1985年)には祝日に挟まれた平日は「国民の休日」となりました。
 
平成に入ってからは、
平成元年(1989年)には4月29日の「天皇誕生日」(昭和天皇)が「みどりの日」になって、
12月23日が「天皇誕生日」になりました。
また、4月29日の「みどりの日」は平成17年(2005年)に「昭和の日」となり、
「みどりの日」は5月4日になりました。
 
と、いろいろ変わってきてるんですね。
 
 

スポンサードリンク

現在の祝日

現在の「国民の祝日」は、
 
「元日」1月1日
「成人の日」1月第2月曜日
「建国記念の日」2月11日
「春分の日」春分日(3月20日~21日)春の彼岸の中日
「昭和の日」4月29日
「憲法記念日」5月3日
「みどりの日」5月4日
「こどもの日」5月5日
「海の日」7月第3月曜日
「敬老の日」9月第3月曜日
「秋分の日」秋分日(9月22日~24日)秋の彼岸の中日
「体育の日」10月第2月曜日
「文化の日」11月3日
「勤労感謝の日」11月23日
「天皇誕生日」12月23日
 
の計15日です。
 
その他に、「振替休日」と「国民の休日」がありますが、これはその年によってある年とない年が出てくるんですよね。
 
「振替休日」はわかりやすいですけど、
「国民の休日」はない年も結構あります。
以前は、現実的に5月4日しかなかったのですが、ここは平成になってから「みどりの日」になりましたよね。
 
で、現在はというと、ハッピーマンデー法の施行から、
敬老の日が月曜日になることで、「秋分の日」の曜日によっては「国民の休日」がある年が出てきました。
他は残念ながら可能性がないんです。
 
例えば、クリスマス(12月25日)が祝日になればイブ(24日)も「天皇誕生日」(12月23日)に挟まれて休みになるんですけどね。
ま、これは無理なんでしょうね。
年末に3連休とかあったら、逆にキツかったりすることもありますからこのままの方がいいのかもですね。
 
どうせなら「母の日」とか「父の日」なんかも祝日だとありがたいんですけどね。^^;
 
 
というわけで「国民の祝日」について見てきましたが、あとひとつ間違えやすのが、「の」が付く日と付かない日がありますよね。
結構迷ったりすることもあるんですが・・・って私だけ?
 
ちなみに
「元日」「憲法記念日」「天皇誕生日」だけが「の」なしです。
あとは全部「の」がついてるんですよ。
知ってました?
 
こうやって見ると時代とともに変わってきてるのが分かりますが、知らないと結構戸惑ったりしますからね。
お役に立てたら幸いです。
では~。
 
 

スポンサードリンク

 

うんちく

この記事に関連する記事一覧