お彼岸 いつ

お役立ちズム

お彼岸はいつからいつまで?お彼岸の期間とその由来


お彼岸は「いつからいつまでなのか?」
なんとなく「春は春分の日のあたり、秋は秋分の日あたり」くらいはわかるけど・・・
ということはありませんか?
 
お彼岸のことなんて常識だろうし、「今更聞けない」なんてこともありますよね。
お彼岸の期間の決め方とか呼び方とか、
「暑さ寒さも彼岸まで」とは言うけど、なんでなのか?とか。
 
お彼岸の日にちのことについて、いろいろ紹介します。
 
 

スポンサードリンク

お彼岸っていつからいつまで?

お彼岸には春のお彼岸と秋のお彼岸があります。
春のお彼岸は春分の日を中心に、秋のお彼岸は秋分の日を中心に、それぞれその前後3日間、合計7日間がお彼岸の期間になります。
 
春分の日は3月20日頃で、秋分の日は9月23日頃になります。
この日付は毎年2月1日に、国立天文台の「暦象年表(れきしょうねんぴょう)」で翌年の該当日が決められます。
なので、お彼岸は毎年同じ日ということではないんですね。
 
2014年の場合は
春のお彼岸が3月21日で、秋のお彼岸が9月23日
 
2015年の場合は
春のお彼岸が3月21日で、秋のお彼岸が9月23日
 
と、同じ日になりますが、
 
2016年の場合は
春のお彼岸が3月20日で、秋のお彼岸が9月22日になります。
 
この中心の日にあたる春分の日、秋分の日をお彼岸の「中日(ちゅうにち)」といい、
お彼岸が始まる日を「彼岸の入り」
お彼岸が終わる日を「彼岸の明け」
と言います。
 
2014年、2015年の場合で言うと、
春のお彼岸の「中日」が3月21日で、「彼岸の入り」が3月18日、「彼岸の明け」が3月24日
秋のお彼岸の「中日」が9月23日で、「彼岸の入り」が9月20日、「彼岸の明け」が9月26日
となります。
 
 

スポンサードリンク

なんで「暑さ寒さも彼岸まで」っていうのか?

冬の寒さは春彼岸まで、夏の暑さは秋彼岸までで和らぐということですけど、
なぜそのように言われるんでしょうね。
 
春分と秋分はそれぞれ、歴の上では春と秋が折り返す日にあたり、太陽が春分点、秋分点にそれぞれ達した日になります。
太陽がちょうど赤道上になり、真東から出て真西に沈むという状態で、昼と夜の長さがほぼ同じになります。
 
ですので、春分以降は昼が長くなることで寒さが和らぎ、逆に秋分以降は夜の方が長くなり昼が短かくなることで暑さが和らいでくるということになります。
 
ただ、昼と夜の長さが同じとはいっても、春分と秋分の気温が同じというわけではありません。
秋分の場合は夏の暑さのなごりで、春分よりも気温はかなり高くなります。
 
 

春分、秋分が祭日になった由来

春分の日、秋分の日が国民の祝日と定められたのは昭和23年になります。
 
江戸時代にお彼岸の行事が民間に広がり、その後明治時代に「春季皇霊祭」「秋季皇霊祭」として祭日に定められました。
春分の日が「春季皇霊祭」、秋分の日が「秋季皇霊祭」にあたります。
 
国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)によると、
春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ。」
秋分の日は「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。」
となっています。
 
日本では昔から、自然に感謝する習慣と先祖供養をするという習慣が、仏教が伝わってくる以前からありました。春には豊作を願い、秋には収穫の感謝をご先祖様にするということから、春分の日と秋分の日の祝日として定められたということなのでしょう。
 
 

スポンサードリンク

 

イベント

この記事に関連する記事一覧