七五三 いつ

お役立ちズム

七五三っていつやるの?時期は?男の子、女の子、早生まれの子は?


お子さんが3歳、5歳、7歳になると、気になるのが七五三ですよね。
 
でも、「いつからいつまでにやればいいの?」とか
「3歳、5歳、7歳って、満年齢?それとも数え歳?」
なんてことが気になりませんか?
 
「早生まれの子はどうするの?」とか、
「神社にお願いするのは?」「初穂料って?」
なんて疑問も湧いてきませんか?
 
七五三の由来とか、数え歳の数え方とか、みんなはどうしているのかなぁ?とか
いろいろ紹介していますので、参考にしてくださいね。
 
 

スポンサードリンク

七五三を行う時期って?いつやるの?

七五三は11月15日に行われる行事で、男の子は満3歳と5歳、女の子は満3歳と7歳でお祝いするのが一般的です。
ただ、成人式のように同じ日にみんなが集まってという事ではなく、大体10月中旬から11月15日前後の休日に、それぞれが神社にお参りしてお祝いをします。
 
元々は室町時代に、
3歳に『髪置きの義』
5歳に『袴着の義』
7歳に『帯解きの義』あるいは『紐落し』
として行われていました。
 
『髪置きの義』は、数えで3歳になる年に毛髪を伸ばし始める儀式で、平安時代から行われていました。
江戸時代までは、赤ちゃんの時に毛を剃っておくことで「健康な毛髪が生えてくる」と信じられていて、男女問わず3歳までは坊主でいる習慣があったんですね。
で、「髪を伸ばし始める」=「健康・長寿」という願いが込められた儀式なんです。
 
『袴着の義』は袴を着始める儀式で、平安時代では男の子だけだなく女の子にも行われていた儀式です。
現代のように「袴着は男だけ」みたいになったのは、江戸時代の頃からだそうです。
 
『帯解きの義』は、女の子が紐付きの着物から、大人と同じように帯を締めて着物を着始めるという儀式で、紐を取ることから『紐落し』とも言われることがあるんです。
室町時代が始まりで、元々は9歳で行われていた儀式だったそうですよ。
で、今のように7歳になったのは江戸時代の頃からだそうです。
 
ま、その後、江戸時代にある呉服屋さんがこの3つの行事を商売に利用しちゃったんですね。
まるで、今のバレンタインとかクリスマスみたいですね。^^;
つまり、この3つの行事を七五三として1つの行事みたいにして行うようにしたのが七五三の原型のようです。
 
ということで、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳でお祝いするようになったんですね。
もともとは数え年で行われていたんですけど、現在では満年齢でお祝いするのが一般的です。
ただ、地方によっては数えで行っているところもありますので、地域の人に聞くのが一番のようですよ。^^
 
 

スポンサードリンク

数え年と満年齢

七五三をいつやるのか?「今でしょ!」ではなくて、
「昔ながらに数え年?」とか、
「今風に満年齢?」とか、
「早生まれの子は?」とか、
「同学年と一緒でいいの?」
 
なんて、いざ「いつやるのか?」となると気になる事もたくさん出てくると思います。
なので、数え年と満年齢の関係について少し。
 
もともとは数え年で行われていた七五三ですが、今では満年齢で行うところがほとんどです。
しかも、同学年にあたる子と同じ年にやるのが一般的です。
つまり、早生まれの子は2歳数ヶ月でやるってことですね。
 
数え年は、生まれた年を1歳として数えます。
しかも、年を越すと2歳と数えます。
 
ここで、「ん?」ってなりません?
だって、12月に生まれたら満0歳1ヶ月で数えの2歳ですよ!
違和感感じちゃいますよね。
 
ということで、数えで
同学年の4月生まれの子と早生まれの3月生まれの子と比べてみました。
 
4月生まれの子は、満2歳7ヶ月
3月生まれの子は、満1歳8ヶ月
 
で、七五三を迎えるわけです。
もちろん、当時は学年なんて区切りはなかったわけですから良かったんでしょうけどね。
というわけで、数え年から満年齢に移ってきたようです。
 
そうすると、
4月生まれの子は、満3歳7ヶ月
3月生まれの子は、満2歳8ヶ月
 
と、一年ずれるだけですが、無理がなくなりますよね。
たぶん、学年っていう感覚が染み付いてるからなんでしょうね。
 
 

七五三の流れ

七五三は11月15日が目安で、その直前の休日が一番込み合うようです。
神社の予約も、その日に集中するようですので、少しずらしたほうがゆっくりお参りできると思いますよ。
 
七五三は「11月15日に行わなくてはいけない」というような行事ではなく、ご自分の都合の良い日に合わせればよいので、無理のない日にちを選ぶのが良いでしょう。
 
七五三は子供の健康と長寿を願う儀式ですので、無事にここまで成長したという「感謝の気持ち」と、これからの健やかな成長を「祝うという気持ち」で臨みたいですからね。
 
というわけで、流れです。
 
まずは、お着替えですね。
男の子でスーツだったら必要ないかも知れませんが、お着物の女の子だったら美容院でヘアメイクから着付けまで、朝早くから結構大変だったりします。
あ、お母さんの着物の着付けもあったりして、かなり慌しいかも。
 
で、次は神社にお参り。
神社に予約をしていれば、祈祷やお払い、祝詞などですね。
ちなみに、神社への初穂料(はつほりょう)は5千円~1万円くらいが一般的です。
神社によってはコースみたいに値段がランクで分かれていたり、「お気持ちで」と言われるところがあったりと様々ですが、5千円~1万円くらいが相場のようです。
 
そして写真撮影。
ですが、これはできれば前撮りしておいた方が楽です。
一日ですべてこなそうとすると、特に小さいお子さんは機嫌が・・・です。
子供も疲れますから、神社で記念撮影くらいで、写真館などでの撮影は別の日のほうが良いと思いますよ。
 
あとはお祝い。
そのお家にもよりますが、親戚を招いてお祝いとか、家族だけで食事とか。
ですかね。
 
ま、当日はこんな感じになりますが、
あと衣装の返却とか、親戚からお祝いをもらったら内祝いとしてお返しなんてのもしなくちゃですよね。
あ、ちなみに内祝いは『半返し』が目安です。『倍返し!』じゃないですからね。^^;
 
半額くらいのものに『内祝い』ののしをつけてお返しです。
 
ま、なんだかんだで総額5~6万くらいになることが多いみたいですが、親戚が多くてなんて場合は、逆に実入りも多くて元が取れちゃうなんて話も聞きます。
羨ましい限りです。(笑)
ではでは。
 
 

スポンサードリンク

 

イベント

この記事に関連する記事一覧