金縛り 原因

お役立ちズム

金縛りにあったら?金縛りの原因と金縛りにならないための予防法


夜、変な時間に目が覚めて、寝返りを打とうとすると
「あれ?身体が動かない!」
「え!何で!」
 
そう、目が覚めているのに身体が動かなくなる金縛り。
怖いですよね。
「助けて~!」って叫ぼうと思っても声も出せない。
本っ当に焦りますよね。
 
お友達のお子さんが、最近金縛りに合うというお話を聴いて、
そういえば確か、私も中学生か高校生の頃に体験したことを思い出しました。
 
当時は完全に心霊現象だと思い込んでいましたので、怖くて怖くて、夜寝ることに恐怖に感じていたことを思い出します。
お経を覚えて、金縛りの間唱えてたくらいですから・・・。^^;
 
でもこの金縛り、実は科学的に証明されていて怖がるようなものじゃないってことがわかってるんです。
 
 

スポンサードリンク

意外と多くの人が体験してる金縛り

金縛りって、元々は仏教用語で「金縛法(きんばくほう・かなしばりほう)」という密教の秘法で、なんでも不動明王が悪い奴らを身動きできなくする方法だそうです。
ま、神通力みたいな感じですかね。
も興味深いですよね。
 
な~んて書くと、怪しさ満載で「やっぱ心霊現象かも!?」なんて思うかもしれませんけど、ちゃんと科学的に証明されているんですよ。^^
も興味深いですよね。
 
どれだけの人が金縛りにあっているのか?なんてことを調べてるところもあって、そこのデータによると40~50%の人は金縛りにあっとことがあるんだそうです。
ほぼ半数の人が経験してるってことですよね。
も興味深いですよね。
 
ただ、1/3程度の人は複数回起こす経験はしているものの、この金縛りもずっと継続して繰り返してるって人はまずいないようです。
特に、10~20歳の思春期に経験する人が多くて、心と身体が成長していく多感な時期に重なっているということも興味深いですよね。
 
 

スポンサードリンク

金縛りの正体

金縛りの状態というのは、脳は起きているのに身体は寝ている状態と言えます。
金縛りが起きている時に脳波を調べると、脳はしっかり活動しているのに対し、身体の方は筋電図に全く反応しないんだそうです。
 
睡眠のリズムには「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」という状態を繰り返しますが、金縛りにはこのリズムが関連していて、「レム睡眠」の時に起こるということが分かっています。
 
レム睡眠は「Rapid eye movement sleep」といって、直訳すると急速眼球運動睡眠ということになります。
寝ている人の閉じたマブタを見ていると、目がよく動いている時があるのを見たことがありますか?
その状態がレム睡眠ということですね。
 
ま、よく深い眠りと浅い眠りなんて言いますが、浅い眠りの状態のことですね。
脳は活動していて身体は寝ているという、いわゆる夢を見やすいという時です。
ですから、このリズムの時に起きると目覚めがよくて、逆に「ノンレム睡眠」深い眠りの時に起きると寝覚めが悪いということになります。
 
ま、通常はこの状態でも、トイレに行きたいとか物音がしない限りは起きることもないのですが、金縛りに合うときは、身体を動かすという脳からの指令が行かないのに目だけが覚めちゃってる状態になるわけです。
 
通常「レム睡眠」は寝てすぐにおとずれることは少なく、90分周期で繰り返されることが知られています。
でも、金縛り寝入ってから早い段階で起こることが多いと思いませんか?
 
そうなんです。
これが睡眠のリズムに関係しているということなんです。
 
つまり、本来ならまず「ノンレム睡眠」、深い眠りが訪れてから「ノンレム睡眠」に移行していくわけなんですが、金縛りに合う状態というはこの眠りが深くなっていく時に目が覚めちゃうってわけです。
これが身体が寝ているのに目が覚めている状態なんですね。
 
 

金縛りの原因と対策

じゃぁ、なんでこんなことが起きるのか?
というと、金縛りが起こりやすい状態というものがあります。
 
・睡眠不足
・昼寝の習慣がある
・時差ボケを急にリセットしようとするとき
・仰向けで寝ているとき
・精神的ストレスが大きとき
 
などなど、こういった状態の時に起こりやすくなるということが分かっていますので、対策としては、
 
・睡眠時間をしっかり取る
・睡眠のリズムを整える(夕方に昼寝をし過ぎない)
・時差ボケはゆっくりと慣らすようにしていく
・横向き、あるいはうつ伏せで寝るようにする
・ストレスを溜めないように気を付ける
 
ということになります。
とにかく規則正しい生活が基本になるというわけですね。
 
ここからはたぶんですが、金縛りは思春期に起こりやすいということは心と身体がアンバランスな状態ということだと思います。
ま、そんな時に睡眠のリズムが狂ったりストレスがかかるから金縛り状態になるんでしょうね。
私自身も金縛りにあっていたときって、たしか妙に神経が高ぶってたりしてたような気がします。
 
なので、きっと多感な時期に起こりやすいのではないでしょうか?
 
 
 
というわけで金縛りに付いてみてきましたが、とにかく心霊現象とは全く別ものだということが分かりますよね。
変な心配はしないで、睡眠の質を良くしたりストレスを抱えないように工夫したり、体調を整えることを優先したほうがいいということですね。
むかしからわかっていれば、お経も覚えなくても済んだんですしね。^^;
 
ただ、あまり症状がひどいときとか、精神的にダメージが大きいときとかは、お医者さんに診てもらってもいいと思います。
場合によっては、お薬を処方してもらうこともあるので、そんなときは一度相談するといいでしょう。
 
 

スポンサードリンク

 

生活 美容・健康

この記事に関連する記事一覧